「FP試験ガイド/FP講座の紹介」

独立系FPとして働く魅力

独立系FPの魅力-1 *資格を活かして、自分のペースで働く

これは、ワークライフバランスの実現を目指したいみなさんにとって、理想の働き方のひとつといえるでしょう。他の独立開業系資格と同様に、ファイナンシャルプランナー(FP)も、好きな場所(自宅が事務所というFPもたくさんいます)で、自分の時間を自由に使って仕事ができます。
もちろん相談を寄せてくださるお客様があって仕事も初めて成立しますので、「好きな時間に働く」というわけにはいきませんが、それでもサラリーマンと比べると時間の使い方は格段に自由になります。独立開業者ですので、通勤も会議もなくなります。夜遅くまで仕事をしたとしても、そこには長時間残業の重苦しさもありません。独立して自分のペースで働くようになると、たとえ個人で活動していても、経営者のセンスも磨かれていきます。

独立系FPの魅力-2 *お客様にとって最適な商品をお薦めできる。

ライフプラン提案の一環として、定期保険や医療保険、終身保険、個人年金保険、養老保険など生命保険のアドバイスをすることは、FPの主要な仕事のひとつでもあります。その提案の際、われわれ独立系のFPは、まったく中立的な立場でお客様をサポートすることができます。どういうことかといいますと、企業に所属をしていない独立系FPは、どこの保険会社の商品も取り扱うことができるのです。
いま保険商品というのは非常に広くバリエーションがあり、各社の商品の特長もさまざまです。そのためお客様がどの程度の保障を望まれているのか、またお客様の健康状態がどのようであるかなどによって、お薦めすべき商品も変わってきます。
自社の商品に縛られることなく、どこの保険会社の商品でも扱うことのできる独立系FPは、その点、非常に良心的満足度の高い提案ができます。

独立系FPの魅力-3 *FPはどんな商品でも営業することができます。

FPは金融知識の、そして金融商品のプロです。しかし独立系FPが、ライフプランの提案や金融商品以外の仕事をしてはならないという法律はありません。独立系FPはどんな商品でも扱うことができます。
たとえば住宅設備や健康器具、健康食品などなど、世の中には資本金ゼロでも開業できる代理店ビジネスがたくさんあります。
独立系FPは、ライフプランの提案でお手伝いをしたお客様に、たとえばそのような商品を重ね売りすることもできます。そのようなビジネスが上手くいきやすいのは、家計の事情まで教えていただき人生設計のお手伝いをしている前提があるからです。
主となる業務はあくまでライフプランニングですが、サイドビジネスの可能性が広がりやすいのも独立系FPの魅力のひとつです。