「FP試験ガイド/FP講座の紹介」

ファイナンシャルプランナーやAFP、CFPの違いは?

ファイナンシャルプランナーの資格制度には少々複雑なところがあります。
それはひとつに、ファイナンシャルプランナーの資格には、国家資格の「FP技能検定」と協会認定資格「AFP・CFP」があることです。
また、試験団体も「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」の2つに分かれています。

まずこのことを整理してみます。
<国家資格>
★FP技能士(3級、2級、1級)…試験は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」との2団体が実施。
<民間資格>
★AFP、CFP…試験は「日本FP協会」が実施。

FP技能士の試験は3級→2級→1級と段階を踏んで受ける必要はありません。たとえば3級を持っていなくても、受験資格に制限はありますが2級の試験を受けることはできます。
3級試験は入門編ともいえる試験で、試験の内容も易しくなります。腕試しに受けてみるのもよいかもしれません。
ちなみに銀行や保険会社などの社員の間で最も多く取得されているのは2級資格です。金融機関にお勤めをしている方でも、1級を取得している人は、ごく少数のようです。
日本FP協会で行われているAFP・CFPですが、FP技能士との関連でいいますと、レベル的には2級FP=AFP、1級FP=CFPと覚えておくといいと思います。

ファイナンシャルプランニングの実務に通用するレベルの試験、2級FP技能士検定の受験資格は、
(1)3級の技能検定に合格者
(2)2年以上FPの実務経験者
(3)日本FP協会が認定するAFP認定研修修了者
とされています。

この(3)に注目してください。FP技能士3級試験を受けずに、2級からトライする人の大半はこの資格要件を利用しています。
これはどういうことかといいますと、日本FP協会が認定する「AFP認定研修」を受け修了した上で、2級FP技能士の試験に合格すると、2級FP技能士とAFPの両資格を同時に取得ができるということです。ここが最大の特徴です。
「AFP認定研修」とは、FP技能士(AFP)の講座を開講している、専門学校や通信教育のカリキュラムのこと。つまり、スクールや通信教育を利用して学びレポート(提案書作成)を提出、60点以上を取り合格すると、「AFP認定研修」を終了したことになります。

AFPは民間資格ではありますが、社会的評価が高くネームバリューもあります。ファイナンシャルプランナーとして活躍したい方には、ぜひ「2級FP技能士+AFP」を併せて取得しておいてほしいと思います。

ややこしい話をもう一度まとめてみます。
実務で活かせるレベルのFP資格は、2級FP技能士以上です。2級検定を受けるには受験要件があります。最も近道でかつ有益な方法は、日本FP協会が認定する専門学校や通信講座で「AFP認定研修」を修了し、その上で日本FP協会の検定を受け、2級FP技能士とAFPを同時に取得する、ということです。