「FP試験ガイド/FP講座の紹介」

FPの学習を始める前に

FPの勉強を始める前に、2級FP技能士(AFP)試験の試験科目の概略やその攻略法を押さえておくことは大切です。
FPの試験科目は6科目ありますが、どなたにも最優先で勉強してほしい科目や、科目同士の内容が関連しているのでセットで学習してほしい科目などがあるのです。
これらのポイントを理解していると学習計画も立てやすくなります。ぜひ参考にしてみてください。

1)FPの試験科目は全6科目

◆A「ライフプランニングと資金計画」
学ぶ内容は、社会保険と年金、教育資金、住宅資金とローン、退職後の生活設計などです。

◆B「リスク管理」
民間の保険である生命保険と損害保険、そのほか第三分野の保険などについて学びます。

◆C「金融資産運用」
預貯金や投資信託、債券投資など、お金や資産の運用方法について学びます。

◆D「タックスプランニング」
所得税や法人税、消費税、住民税などさまざまな税金に関して学びます。

◆E「不動産」
不動産取引から建築基準法、不動産取引に係る税金まで幅広く学びます。

◆F「相続・事業承継」
贈与・相続に関する法律、贈与・相続で発生する税金等について学びます。

2)一番目に学習する科目は「タックスプランニング」

給与所得にも、株式など投資で得た利益にも、相続にも。お金の遣り取りとあるところにはかならず税金が絡んできます。そのためほか5科目の知識の根底には共通して税金の知識が必要になります。
また税金には、所得税や個人住民税、消費税ほかさまざまがあり、全体的に見て学習する量も多い科目です。「税金はとりつきにくい」などの苦手意識を捨てて、必ずこの科目から学習するようにしましょう。

3)相互に関連の深い科目の組み合わせについて

「タックスプランニング」を一通り学習した上で、下記の科目をセットで学習することをお薦めします。相互の内容を関連づけ学習すると体系的な知識が形成され、知識が定着しやすいです。

◆「ライフプランニングと資金計画」と「金融資産運用」
◆「金融資産運用」と「リスク管理」
◆「タックスプランニング」と「金融資産運用」
◆「タックスプランニング」と「リスク管理」
◆「タックスプランニング」と「相続・事業承継」

4)得意科目を作ることを意識しましょう!

FP試験は満点60点の60%以上の正解率で合格です。そして各科目に足切り点は設けられていません。ですから、たとえば2科目を得意科目にできたとすると(1科目9点正解する)、合格がとても確実なものになります。
このことをシミュレーションしてみましょう。
36点(合格点)-18点(得意科目の得点9×2)=18点
となり、合格ラインまで必要な得点はあと18点だけです。
残りの4科目が仮に50%の正解率であったとしても、合格点に到達できる計算です。

5)学習は過去問中心で!

「資格試験の対策は過去問を中心に」とよくいわれることですが、このことはFP技能士検定には特に当てはまります。FP試験の設問の6割以上は、過去問をアレンジして、過去問に近いカタチで出題されているからです。
とはいっても予め基礎知識がないと問題は解けません。しかし基本テキストに時間を掛け過ぎるのは不効率です。
私は基礎知識の習得を通信教育のDVD教材のみで行いました。DVDの講義を一通り観た後で、過去問→解らないところを基本テキストで補完。通勤時間などの隙間時間もCDの過去問を聴く。この繰り返しを継続して合格しました。